空気輸送用粉粒体装置及び昇降機の設計・製作の水谷鉃工。



HOME > バルクコンテナー受け入れ・荷揚げ用ロータリーバルブ

バルクコンテナー受け入れ・荷揚げ用ロータリーバルブ

    MHRF型ロータリーバルブ(特許出願中)は粉体専用でバルクコンテナー車から粉体を直接受け入れて貯蔵サイロへ空気輸送する目的で開発されたスルーオフタイプの定量供給機です。

    ●構造・特徴

    MHRF型ロータリーバルブはに原料受け入れ口が斜め45゜に傾斜しており、ダンプアップしたコンテナー排出口が床面より低い場合でも取り合えるようにしています。

    ケーシング胴にはローターの戻り側からのリークガスとローターポケット内の置換ガスを機外側へ放出する抽気管を設けています。

    更にケーシング入り口ノズル部にも抽気管を設けていますので、空のローターポケットに原料が受け入れた後の置換ガスやローター入り側からのリークガスを機外側へ放出できます。

    ローター側板外周にサイドシール材を取り付けていますので、ローターサイドからのリークガス量はほぼゼロです。

    サイドシール材によりローターとサイドカバー間に粉体が溜まり、粉体が圧密される事に因る不具合を防止できます。

    可搬式でキャスターを標準装備していますので、どこでも受け入れ可能です。 不使用時は移動できるので専用作業スペースは不要です。

    ●用途

    ・地下ピットは不要でバルクコンテナー車から原料受け入れと貯蔵サイロへ空気輸送。


    MHRF型ロータリーバルブ使用の荷揚げ設備